上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
200801261545000.jpg
最近、とくに寒いので春はまだまだという気はしますが、花粉対策はもうはじめておかないとやばいですね。時々今日は何かが飛んでいるような気がする。鼻がなにやらムズムズする・・と言っている人をみかけます。ハーブで花粉対策している人はまだまだ少ないようですが、今から春の終わりまで薬を飲み続けるのは少し長いのではないかと・・・。花粉症は一度発症するとたいてい毎年繰り返すものですし、お薬の副作用も気になります。ステロイドホルモンや抗ヒスタミン剤は、症状を抑えるだけで、免疫系全体の機能を低下させ、さまざまな感染症にかかりやすくなるというマイナス面も少なからずあります。
そこで、ハーブや精油でもある程度の花粉症の症状を軽減することはできるので、ご紹介します。お薬の副作用が気になるという方は是非試してみてください。本当なら半年前くらいから予防のために飲んでもらうともっと効果はあるのですが、ギリギリですみません(--;

☆おすすめの精油
 ・ユーカリ(ラディアタ):スーッと染みとおる香りが鼻づまりを楽にし呼吸器系の炎症を鎮めて、鼻
             水や痰などの多すぎる粘液の分泌を減少させます。
 ・ティートリー:粘液の炎症を押さえる働きをするといわれる1.8シネオールという成分が多く
          含まれています。
 ・ペパーミント:清涼感のある香りが鼻づまりを楽にし気分をすっきりさせます。

お部屋での芳香浴や蒸気吸入、オイルに混ぜてマッサージ。バスタイムに天然塩や蜂蜜などに4~5滴混ぜてバスタブに・・。

☆おすすめのハーブ
・ネトル(西洋イラクサ)
 ビタミン、鉄分、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルを豊富に含み、抗アレルギー作
 用、浄血作用、体内毒素排泄、利尿、強壮作用などがあり、花粉症やアトピーなどにも有効 であると注目されています。
・エキナセア
 身体の抵抗力を高めるすぐれた働きがあります。アレルギーや風邪予防などの免疫力UPに
・アイブライト
 ヨーロッパでは、古くから目薬として利用されてきました。
 目のかゆみ、鼻炎、口や喉の炎症を緩和します。
・エルダー
 利尿、発汗作用があり肺や喉を楽にします。
 風邪、花粉症、喉の痛みに。
・ローズヒップ
 天然のビタミンCをたっぷり含み、花粉の刺激で炎症を起こしやすい喉や鼻、目などの粘膜
 部分のコラーゲン生成を助け、炎症でダメージを受けた粘膜の再生を促します。

ハーブティーと併用して、ネトルやエキナセア、ドピナンパー(腸内環境を整える効果のある)の濃縮エキスや、お子様用に甘くて飲みやすいハーブコーディアル(ハーブのシロップ漬け)などもおすすめです。
ハーブ療法は常にハーブの成分が血液中にあることが大切なので、一日何回かに分けて、
なるだけ途切れずに飲んでいただくことをおすすめします。
花粉症やアレルギーの改善には、体内を浄化し腸内環境を整え、免疫力を高めることが大切と言われています。これはハーブの得意とするところです。
毎日の食事、運動、ストレスなど、生活習慣も見直す必要があるかもしれません。
そのほかにもまだいろいろなハーブがあります。いろいろと試しているうちにいつの間にか
前ほどひどくはならないみたい・・・そんな感じで改善していきます。(^^)/




 
スポンサーサイト
2008.01.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://angeliq.blog41.fc2.com/tb.php/7-05d36aaf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。