上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
初夏は良いですね~

風が爽やかで、木陰はヒンヤリ涼しくて

新緑が鮮やかで、色とりどりのお花が咲き乱れ・・

お散歩が気持ち良い季節です。。


ところで、最近熱中症予防に”牛乳”などとテレビなどで良く言っていますが・・。

何を根拠にそのようなことになるのか・・説明を聞いていてもイマイチ

良くわかりません

これはあきらかに、牛乳業界の差し金ではないでしょうか・・(--;)

皆さん、うかつに宣伝文句にだまされないようにしましょう★

食品の放射能汚染問題ですが、一番問題の食品は「しいたけ、牛乳、魚」です。

牛乳は特に子供が飲むので、もっと基準を厳しくして、安全が確認できたものでないと

絶対飲んではだめだと思います。

牛乳が完全栄養食と言っていた時代はもう昔のこと、牛乳神話はとうの昔に終わっています。

放射能の汚染問題の前に、牛乳は百害あって一利なしです。

今の乳牛の飼育環境など考えてみれば、誰もがわかることと思うのですが。

ちなみに、私には小学校2年生の孫娘がいますが、給食の牛乳は飲んでいません。

もちろん、学校の方にも了解してもらっています。

牛乳だけではなく、今や主婦は買い物が大変なのではないでしょうか。

特に小さい子供さんがいたり、妊婦さんだったりすると、やはり産地など気になりますよね。

何も気にしないで、今まで通り買い物している人がいるとしたら、

そちらの方がかなり問題ありと思います。

これは、風評ではなく、はっきり実害があるということです。



お魚の汚染問題について、太平洋の魚は放射能で高濃度に汚染されているので食べてはいけないと

ロシア通信が公表しているという記事がありましたので、転載します。

以下転載・・・

 ロシア通信では「太平洋のマグロは猛烈な汚染で食べることはできない」と公表しました。
 しかし、そんなニュースは日本では流れないので、みんな回転ずしなどでマグロをバクバク食べています。
 マグロがダメならば他の魚もすべてダメに決まっていますが、どうすることもできません。
 放射能汚染された食物を体内に入れれば、当然、放射性物質が体の中から細胞を攻撃します。放射性物質は非常に小さいため、血液の中を自由に駆け巡り、髄や骨にも付着して攻撃します。最初に表れる症状が「だるさ」などの抵抗力低下現象です。その結果、結膜炎、風邪、風疹、手足口病、咽頭炎、甲状腺異常、リンパ節の腫れ、腰痛といった被曝初期症状が見られるようになります。とにかく体が弱っていきます。
 チェルノブイリのときに、最悪な食品は、「川魚」「キノコ」「牛乳」の3点でした。
 子どものほうが被曝した場合には症状の現れるのが早く、大人の数十倍の速さで目に見える形で現れます。
 その理由は新陳代謝の活発さにあるのです。代謝がいいということは細胞の分裂が活発であるということです。細胞分裂が活発ということは、新しい細胞が次から次へとコピーされて出来上がっていくということになります。つまり、その細胞コピーの過程で人工放射線が照射されると、異常が出てしまうのです。
 コピー機で、コピーしたものを再びコピーしていくということを繰り返すと、10枚目あたりで酷い状態となってしまいます。それと同じです。
 311から1年以上が過ぎ、地震と放射能に対する警戒心が薄れてしまったことで、間もなく、とんでもないことが表面化するものと思われます。
 この国は存続の危機の真っただ中にあるということを再認識して、日々を過ごすべきなのです。




*熱中症予防にはハイビスカスの水出しハーブティーがお勧めです★
 これからの季節には欠かせない天然のスポーツドリンクです。
 クエン酸、ビタミン・ミネラルが夏バテなどに効果があります。

 お水に少量の塩(天然塩)を入れて飲むのも良いと思います。
 体内に塩分が足りないと熱中症になりやすいので、汗から出る塩分を補うという
 意味で、塩も必要なのです。塩分控えめになり過ぎないようにしましょう。
 梅干もとっても良いので、普段から食べるようにすると良いですね。
 これからの季節、食中毒予防にもなります。
 でもスーパーに売られている、添加物たっぷりの梅干にはあまり
 効果は期待できないので、なるべく手作りのものがおすすめです★




スポンサーサイト
2012.06.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。