上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
110908_1612~001
今日はマコモの紹介です

以前、友人からマコモのお風呂が身体を浄化するのに良いと聞いていたことがあり

興味はあったのですが・・これほど素晴らしいものであるとは知りませんでした。

さっそく取り寄せて食べてみました

炒め物、炊き込みご飯、お味噌汁に入れたり、てんぷらにしたり、とっても美味しく

いただけました~

マコモは地球上で最も古い植物のひとつで一億年も前から同じ姿で存在していたと

いわれており、日本では稲作が伝来するまでは穀物として食べられていました。

以下転載

マコモ(真薦・真菰)とはイネ科の多年草で、
日本書記の神話冒頭に出てくる
国常立神・艮の金神の出現を表現している
神の葦(あし)であり、葦にから発生する黴、
アシカビと表現されています。
稲の先祖である神聖なものです。
本来であればマコモ科の稲と言うべきものです。

真菰は神話時代からその実在が知られており、
最古の書物『古事記』や『日本書紀』
『万葉集』などにも見つけることができます。
日本では今も神仏に供せられるケースがよく見かけられます。
出雲大社の大注連縄をはじめ、
宇佐神宮の御神体・薦枕として存在し、
東京の神田明神、千葉の香取神宮、
埼玉の氷川神社など、多くの神社に神事として残っています。
皇室祭祀においてもスメラミコト(天皇)の
即位・大嘗祭での神人共食、
そして天皇が身罷られると真菰に包んで土葬されます。

真菰と日本人のかかわりは神事だけではありません。
仏事にも大きくかかわりがあるのです。
お釈迦様が真菰で編んだむしろ(寝床)に、
病人を寝かせて治療されたという仏話があります。
これが日本に伝わり、お盆に真菰で編んだ
「盆ござ」や「盆舟」を奉げるようになったと云われております。
またお乗りになっていた白象の餌は真菰で、
その真菰の糞が発酵したものからヒントを得て、
真菰菌(耐熱菌)の力を発見されたようです。
弘法大師も療術の秘儀として支那から持ち帰り、
病人を救って歩かれました。
その後、清水寺にその技術は封印されたのです。
その古文書には「真黴(まかび)」と記されていました。
神道、仏教とも神聖視されてきたものです。
真菰はただでさえ麻と同等以上に神聖なのですが、
気仙沼の発酵マコモはとても不思議なものです。
真菰が発酵蘇生してアシカビの神聖微生物が宿ってマコモに生まれ変わります。
お釈迦様から弘法大師空海へと続く仏教医道の秘術です。
ネイテティブアメリカンはワイルドライス(真菰米)として神に捧げています。
マコモの実は真米(まごめ)とも呼ばれています。

中国の代表的な古書「本草綱目」には
「肺臓・心臓・肝臓、脾臓、腎臓」の五臓を利し、
毒を消すと有り、日本の有名な薬草書「和漢薬」には、
婦人病に有効と記されています。
まこも には 珪素(ケイ素)が豊富に含まれています。
水晶の構成物質でもある珪素には、毒出し効果があると言われています。
昔はフグの毒に当たった人は全身を土に埋めていました。
土に埋まっていると、土中にの珪素の力によって、
毒素が体から抜けていくと考えられていたからです。

ウィルスによる伝染病や化学毒物が、
人類を滅ぼす大きな要因になる
可能性が高まっていますが、
どうやって対処すべきなのか?
それにはマコモが生み出す最強のバクテリア・耐熱菌や珪素で体を浄化し、
細菌兵器による伝染病や食物の毒素から、
身を守ることが必要となってきます。

神様の龍体である日本の国土は、
豊葦原の瑞穂の国と伝えられてきたように、
マコモと稲穂に充ちた美しい国だったのです。
しかし近代産業文明が生み出した化学毒物を、
農業、工業が撒き散らして汚染の限りを尽くしています。
世界中がそうですが、特に日本の農家は、
神様の龍体を毒化しているので特に罪深いのです。
口蹄疫では豚、牛などの大きな動物が被害を受けているので、
社会的に大きな騒ぎになりましたが、
それ以前に農薬、化学飼料等の
化学毒物を使うことにより 清浄な大地を毒化し、
土壌中の微生物や体内の善玉菌を死滅させ続けて来たのです。
これが本当の国津罪です。
そうすると草から家畜、そして食物連鎖の頂点にいる
人間の体内も毒化され、
人も動物も本来は防御出来るはずのものが、
免疫システムと善玉菌の破壊により感染してしまうのです。
消費者としてそれを当たり前のように食べている私達も、
自然破壊・国津罪の同罪と見なされるのです。

このような事態になってしまって初めて解るのです。
人間の今までの行いが生み出した恐ろしい菌に対処する為には、
最も神聖強力な菌でなければ勝つことは出来ないでしょう。
化学薬物ではどうにもならない状態に神様は持ってゆかれます。
どんな薬も効かないウィルスが発生しているのです。

問題なのは、マコモは川に行けば日本中いくらでもあったのが、
今では川の両岸がほとんどコンクリートにされてしまったことです。

再び日本をマコモと稲穂の生い茂る国に甦らせましょう。
そして是非とも発酵マコモで皆さんの体も禊祓(ミソギハラヒ)して、
健康な生活をして行きましょう!

 ※マコモを愛用したい方 広めて下さる方 
  メッセージお待ちしています  神流川真人
 
 ※ミラクルやダイオーコーケン、真光元などは類似品です。
  発酵方法は納豆菌などを使っているようで、
  マコモ本来の伝統的発酵ではありませんのでご注意を!
  当コミュ二ティーは元祖気仙沼マコモを研究しています。


スポンサーサイト
2011.10.25 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。