上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DVC00226.jpg
蒸し暑い毎日です
8月に入ったというのに梅雨がまだ明けず・・・。
今年の夏も猛暑かな??と思っていたのですが、
この調子でいくと猛暑になりきらずに秋・・
なんてことになりませんように。

暑い夏を乗り切った野菜や果物は甘くて美味しいですが、
このまま雨が降ったり止んだり、たまに晴れ間が、、のような夏ですと
日照不足で美味しい野菜が育ちませんし・・。
やはり異常気象なのですかね~

姫路にある香寺のハーブガーデンに7月の半ば頃に
行ってきまして、すぐにいろいろと書きたかったのですが
ばたばたしていて今頃になってしまいました。

帰ってきてすぐにやはり書くべきですね
とても感激して帰ってきて、頭の中が
パンクしそうなほど、色々なことを聞いてきたのですが、
少し時間が経ってしまったので、思い出しながら
頭に残っていることを少し・・・

上の写真はエキナセアです。
エキナセアは好きなので、何度か
載せていますが、これは香寺で撮ってきたものです。
北米の先住民が昔から使っている薬草で
傷口の消毒や感染症等の予防に使われていました。
免疫力を高めるので、がんの予防や風邪・インフルエンザの
季節には欠かせないハーブです。

香寺ハーブガーデンの福岡社長は、かれこれハーブを30年
ほど研究されていて、今では大学やお医者さんなんかと
すごい研究・実験をされているということなのです。

日本にハーブが入ってきて多分十数年経つと思いますが
そのもっと前から、日本にまだハーブの情報など
全く入ってきていない頃から、外国のハーブ農園を渡り歩いて
それこそ手探り状態で、ハーブの勉強をされていたのです
とにかく、すごい方に出会ってしまった・・・というのが印象です。
ハーブにまつわるお話をいろいろと聞きましたが、
とにかく常人では絶えられないような、考えられないような、
苦労をされていて、、あまりにすご過ぎて、ブログなどに
軽くコメントできるようなお話ではなく・・・
つたない私の文章力ではうまく伝えられません。すみません

DVC00272.jpg

この写真は今の季節にとても美味しいハイビスカスの
水出しです。別名ローゼルともいいます。
少し甘味(砂糖・蜂蜜)を加えて冷やして飲むと最高です。
以前にもブログに書いたことがありますが、
ハイビスカスにはクエン酸やハイビスカス酸、鉄やカリウム等
ミネラルが多く含まれていて体内のエネルギー代謝と新陳代謝を高め
スポーツ時の肉体疲労を回復する最高の天然のスポーツドリンク剤です。

福岡社長の話ですと、ハイビスカスは熱湯で抽出するより水出しの方が
格段に良い成分が出るようで、マヌーカ蜂蜜と併せると
免疫力を高めるすばらしく栄養価の高いドリンクになるとのことです。

私はもう何年も夏にはこのハイビスカスの水出しを飲んでいますが、
確かに、夏の疲れをとってくれてるような気がします。
というか、爽やかな酸味がとっても美味しいのです
日本人には梅干がとっても良いように、西洋の梅干がハイビスカスの
ようなものといってもいいのかもしれません。

とにかく熱中症や夏バテにとても効果があります。
ぜひこの夏、ハイビスカスの水出し、おススメしま~す


















スポンサーサイト
2009.07.25 / Top↑
090704_083207.jpg
DVC00245.jpg
DVC00246.jpg
ベランダで出来たゴーヤです。
今年の夏は狭いベランダで家庭菜園です。

ベランダをお花だらけにしようとハーブの苗を
せっせと買ってきて、植えていたのですが・・・
昨年の夏にプチトマトとオクラがうまくできたものだから
それをおもしろがって娘達が,せっせと野菜の苗と土とプランター
を買ってきて、今やベランダは花と野菜でぎっしりすしづめ状態。。

ゴーヤが窓辺に、さながら緑のカーテンのごとく生い茂り・・・
とうとう見事なゴーヤを本日、収穫しました
そして、今夜のおかずはもちろんゴーヤチャンプルー
美味しくいただきました

ゴーヤはカリウムやカルシウムが豊富な野菜
カリウムにはナトリウム(塩分)を排泄する働きがあるので
高血圧の方におすすめです。

ゴーヤ独特の苦味にも
薬効があると思います。

ハーブのアーティチョークやダンディライオンの苦味成分には
肝臓を元気にし、解毒浄化を促す薬効があります。
ゴーヤの別名はにがうり。
夏の暑さでバテた胃腸にゴーヤ茶など良いのでは
ないでしょうか

元々野菜も薬草のようなものですから・・。
どこがちがうのかというと、薬効が多いか少ないかの違いなのです。

薬効が多く含まれているものを薬草と言い、比較的少ないものが
野菜ということなのです。

夏バテにうなぎとか焼肉のスタミナ料理などといいますが、
それはかえって夏バテをひどくするようなものだと思います。

脂を多く含んだ魚や肉は弱った消化器系にかなり負担がかかります。
分解して消化して吸収するまでとってもエネルギーが要るのです。
消化するだけで、身体が疲れてバテてしまいます

そして消化仕切れなかったものが身体に皮下脂肪や老廃物として溜まり
代謝の悪い身体が作られるのです。

若くて元気な子供や若者ならいいかもしれませんが。。

それ以外の方々には、常々野菜中心の食事をくれぐれも
心がけましょう。
粗食が身体にとっては優しいのです







2009.07.04 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。