上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
蜥イ蜥径1+066_convert_20090121131704[1]
インフルエンザが流行る季節に欠かせないのがエキナセア。
ハーブティーやチンキ剤や濃縮エキス、コーディアル、サプリメントなど
利用の仕方は様々ですが・・・。
我が家では今の季節無くてはならないハーブです。

欧米ではエキナセアと言えばメディカルハーブを代表するハーブと言われる
ほど一般的に使われているハーブで、アメリカのビタミンなどを
含めた全サプリメント市場の10%をエキナセアが占めていると言われています。

エキナセアは北米の先住民に大切にされてきたハーブで
17世紀末にヨーロッパに伝えられ、その後ドイツを中心に盛んに
研究が行われました。その結果、抗菌作用、抗炎症作用、抗ウイルス作用
免疫機能を向上させる作用があることが確認され、臨床試験では
、風邪の諸症状を緩和し、回復を早めるとの結果が報告されています。

インフルエンザ・扁桃腺炎など呼吸器系からの感染症、カンジダ症、膀胱炎など
泌尿器感染症、免疫力が低下したときにかかりやすいヘルペス、外用としては
ニキビ、治りにくい傷などを回復させます。
その他、アレルギーやリウマチ性関節炎、HIV,抗がん剤への可能性などの
研究報告もあるそうです。




スポンサーサイト
2009.01.21 / Top↑
ekinasea.jpg

2年ほど前に武田薬品の薬草園で撮影したものです。和名はムラサキバレンギク、濃いピンク色でとてもたくましいパワーのある花という感じでした。
北米の先住民が発見したハーブで、伝染病や毒蛇に噛まれた時などに使われていました。その後ヨーロッパに伝えられエキナセアの研究が進み[免疫力を高めるハーブ]として今では風邪やインフルエンザの特効薬として、又カンジタや膀胱炎などの感染症の予防、アレルギーの緩和等幅広く利用されています。
このような素晴らしい薬効がありながら、くせのないさっぱりとしたマイルドな味なので少し香りの強いハーブなどと併せるとおいしく飲んでいただけます。風邪の時などは肺や咽を楽にするエルダーフラワーや少し酸味のあるV・Cたっぷりのローズヒップなどとブレンドするとおいしく薬効にもすぐれたお茶になります。

インフルエンザが流行りはじめています。今からエキナセアで免疫力を高めて風邪予防はじめてみませんか!
とくに妊婦さんは強いお薬や予防接種は出来ないのでおすすめです!
2007.12.05 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。